ライフ

女性だから食べてほしい!大豆イソフラボンの効果と間違った摂取

大豆イソフラボン 大豆

今回は完全に個人的持論のもと
大豆という素晴らしい食品の魅力を語りたいと思います!

大豆は食べて良し塗って良し!
女性の悩みの99%は解決するといっても過言ではない!

あなたは普段どのくらい大豆を生活に取り入れられていますか?
ニキビ?イライラ?あなたが抱えている悩み、大豆が解決してくれるかもしれませんよ

大豆に含まれる栄養素

たんぱく質

大豆のたんぱく質は良質な植物性のたんぱく質です

植物性たんぱく質の中でも最も動物性たんぱく質に近いのが特徴!

牛乳や卵などの動物性たんぱく質に引けを取らないほど高い栄養素を含んでいます

パンダ
パンダ
内容【畑のお肉】と呼ばれるのはそこからきているのよ!

吸収率が良く、筋トレの後のプロテインのような役割もこなしてくれます

カルシウム

大豆にカルシウムというのもあまりイメージがないかもしれませんが
茹でた大豆100gとマイワシ100gには同量のカルシウムが含まれています!

骨を作るのはもちろん
筋肉の収縮や神経伝達に重要な栄養素です

ビタミン

大豆はビタミンB群を豊富に含み
抗酸化物質として有名なビタミンEを多く含んでいます

老化の原因といわれる活性酸素による酸化作用を、ビタミンEの抗酸化作用で防ぐことで老化防止に繋がります

食物繊維

大豆にはゴボウやレンコンなどよりも多くの食物繊維が含まれています

一食で考えると、大豆の方やそのほかの野菜よりも多くの食物繊維を取ることができます

大豆と女性ホルモンの関係

大豆は女性ホルモンが含まれている

こんなな話をよく耳にしますよね?

それは大豆に含まれる大豆イソフラボンという成分が
女性ホルモンの『エストロゲン』と似た働きをすることから注目を集めるようになりました

エストロゲンの働き

・肌の新陳代謝を促進
・髪の艶やハリを保つ
・女性らしい身体付きを作る
・自律神経を安定させる

大豆イソフラボンの働き

モブ子
モブ子
内容大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることは分かったど、それがどう女性にうれしいの?
パンダ
パンダ
内容自身の女性ホルモン量が乱れたりしているときに補助的要因として大豆イソフラボンを摂取することで様々な嬉しいことがあるのよ!

美肌効果

大豆イソフラボンは肌の調子を整ええる「美肌ホルモン」のエストロゲンの働きを補い
ハリと艶を保ち若々しい肌を作るサポートをしてくれます

肌の弾力維持に欠かせない『コラーゲン』をふやし
ターンオーバーを促してくれるので肌が生まれ変わり保湿力も上がります

PMSの症状緩和

PMS(月経前症候群)が酷い人は大豆イソフラボンを摂取することで症状が緩和されます

そもそもPMSというのはプロゲステロンが優位になることで引き起こされる
イライラ・腹痛・頭痛・吐き気等の症状のことをさします

日ごろから大豆製品を積極的に取り入れている人はPMSになりにくいという研究結果も出ているほどです

症状が出てからの摂取でも効果がみられるので
辛い症状が出てしまう人は日ごろから積極的に食事に大豆製品をと入れてみてはいかがでしょう

ガン予防

近年、大豆イソフラボンにガンの予防効果があることが明らかになりました

女性特有のガンである子宮ガン・卵巣ガン・乳ガンの発生率も
大豆製品を多くとるアジア諸国と比べて欧米の方が高いことが分りました

大豆イソフラボンとガンの発生率には大きな関係があるとされ今後の研究にさらなる期待がされています

大豆を食べると肌荒れをする?

大豆 肌荒れ

と検索をかけた時にかなりの数がヒットするのをご存知でしょうか

今までさんざん美肌にいいと紹介してきたのに肌荒れするの?!という疑問の真相についてお話します

大豆の一日の摂取量は納豆1パック

大豆イソフラボンの理想的な一日の摂取量は40㎎~50㎎

摂取量目安
  • 豆腐1/2丁100g
  • 納豆1パック約40g
  • 煮豆約80g

これらを大きく超えて摂取することはエストロゲンの働きを過剰にしてしまうために
体に大きく負担をかけてしまいます

5g~10gは過剰摂取にあたり
健康や美肌にいいからといって毎食お豆腐や納豆を食べるのは逆効果になってしまいます

上記の検索で肌荒れをしたという人の多くはこの過剰摂取にあたります

食品の摂取目安を守っていたとしても
サプリメントとして摂取してしまっている可能性もあります

マルチミネラルサプリメントを飲んでいる場合は大豆イソフラボンの含有量を確かめて1日の摂取のバランスを取るようにしましょう

食べるだけじゃない!塗っても効果あり!

お豆腐屋さんの手は綺麗
そんな話を聞いたことはありませんか?

大豆イソフラボンは食べるだけではなく塗っても効果があるのです!

大豆イソフラボンを全面に押し出した化粧品は画像を載せなくても皆さんの頭の中に浮かぶほど有名ですね

化粧品に関しては、さらに肌に浸透するようにナノ化された成分で出来ているのでより効率よく美肌を作ることができます

まとめ

食べて良し!塗って良し!

大豆イソフラボンのすごさについて熱く語りましたが
いかがでしたでしょうか

とりあえず大豆さえ食べておけばオールOKじゃない?

そんな気がしてきませんか?

わたしも初めはPMSがひどく何かないかと模索した結果
日ごろから大豆製品を食べるようになり辛い症状を改善できました

みなさんも美肌や健康のために大豆生活を始めてみませんか?